新着情報

職員のつぶやき「過払金返還請求は、時効に注意」

こんにちは。事務職員の小川です。
今回は、過払金についてご紹介します。


最近、テレビCMや広告などで、「過払金返還請求」という言葉を
よく見聞きする方も多いのではないでしょうか。
過払金返還請求とは、過去に高い金利で取引していた貸金業者等に対して、
払いすぎた利息を返してもらうよう請求することです。


昔ほど案件は多くありませんが、
当事務所でも過払金返還請求のご依頼をいただくことがあります。
しかし、過去に取引のあった貸金業者等に取引履歴を開示してもらったところ、
最後に返済した時から、10年以上が経過し、
時効が成立している案件がここ最近、多く見受けられるようになりました。
中には、200万円近くの過払金が時効の成立により、
返してもらえないということもありました。


ここ数年、貸金業者等に対する過払金返還請求が増加し、
貸金業者等の経営を圧迫しているため、
過払金が満額返金されることは少なくなってきていますが、
請求するのがもう少し早ければ、返ってきたかもしれないと思うと、
こちらとしてもとても残念です。


時効の成立は、それぞれの取引形態によって異なる場合があります。
過去に高い金利で貸金業者等と取引をされ、過払金返還請求を検討されている方は、
なるべくお早めに相談されることをお勧めします。

カテゴリー: 職員のつぶやき <裁判事務編>   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です