新着情報

職員のつぶやき「お盆の習慣あれこれ」

はじめまして。
7月からきらり 事務局員として働いております西尾と申します。
まだまだわからないことばかりで、先輩方にいろいろ教わりながら
会員の皆様のお役に立てるよう日々勉強中です。

 
さて、今週はお盆ですね。
ご実家に帰省してお墓参りの予定を立てている方も多いのではないでしょうか。
私も16日からお休みをいただき、「お嫁さん」して来ようと思います。


広島県でお盆といえば、まっさきに思い浮かぶのが盆灯篭ですよね。
8月に入るとスーパーやホームセンター、コンビニなどでも
あの華やかな灯篭が並び始め、もうすぐお盆だなと思い出させてくれます。


ですが私は茨城県出身なので、
あの灯篭を始めて見たときはすごくびっくりしました。
あまりの華やかさに「なにかお祭りでもあるの?」と
主人に聞いてしまったほどです。
主人も広島出身ではないのですが、仕事で中国地方を移り住んでいたので、
私よりさきに盆灯篭は目にしていました。
すっかり慣れた今となっては、墓地に灯篭がたくさんあったほうが、
にぎやかでご先祖様もさびしくないだろうなと思ってしまいます。


そんなお盆の習慣ですが、
主人が結婚後はじめて私の実家ですごしたときにおどろいた話をひとつしましょう。


私の実家は茨城県西部にあるのですが、お盆の13日に必ずもちつきをします。
大量について14~16日の朝は、そのもちが朝食です。
もちつきといえば「正月を迎える準備」として育ってきた主人には、
かなりおどろきだったようです。でももち好きなので喜んでいましたが…


同じ茨城県西部でも、車で30分ほど離れた
となりの市に住んでいる友人の地区では、
お盆期間中は一日三食ひたすらそうめんを食べるそうで、
これもまたおどろきです。
まさに所変われば、ですね。


さて、この度「きらり」では会員様専用の共同のお墓が完成しきました。
職員一同心を込めてご供養させていただきます。
お問い合わせはお気軽に082-227-2600まで。
 

(以下は外部サイトへのリンクです。)
▼一般社団法人 人生安心サポートセンター きらり
  http://kirarihiroshima.info/
 

カテゴリー: 職員のつぶやき <遺言・相続・後見・きらり事務局編>   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です